みえシネマーアーカイブ「馬鹿は死んでも治らない」

9月16日(日曜日)午前中は、自主制作映画プログラムです。
計6本の映像作品のうちの1本が三重大学の映画サークル「みえシネマアーカイブ」の
馬鹿は死んでも治らない」です。

そのみえシネマアーカイブさんからメッセージが届きました☆
==================================================================
■みえシネマアーカイブさん「馬鹿は死んでも治らない」制作からのメッセージ

---作品の見どころ---
 会話のテンポに緩急をつけることを意識しました。

---制作過程で面白かったところ---  
 神様が出てくるシーンは脚本を書いてるときも現場でも楽しかったです。

---制作過程で苦労したところ---
 現実的でない設定だったので、登場人物たちが非日常な場面に出会った時にどんな反応をするか悩みました。

---監督からのメッセージ---
 サークルの皆がいてくれたことに感謝しながら作りました。楽しんで見ていただけたら幸いです。
==================================================================
 普段は学園祭などで上映しているそうです。
 三重県内の大学の貴重な映画サークルの作品です。
 ぜひこの機会にご覧ください!

★☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆☆☆☆★
自主制作映画プログラム
9月16日(日曜日)9時15分開場 9時45分START

みえシネマアーカイブ馬鹿は死んでも治らない」は4本目に上映します。
11時15分頃からの上映予定です。
シネカ~1.JPG





映像CUBE制作「サプリ、僕、わたし。」

9月16日(日曜日)午前中は、自主制作映画プログラムです。
計6本の映像作品のうちの1本が映像CUBEサプリ、僕、わたし。です。
興味深いタイトルですね。

2003年に設立されたこの映像団体は、映画上映会を開くなど、三重県でも活発に活動されています。
その映像CUBEさんから、熱いメッセージが届きました!

==================================================================
■映像CUBEさんからのメッセージ

---作品の見どころ--- 
 個性あふれる出演者が作り出す人間ドラマ。

---制作過程で面白かったところ---
 出演者が複数名同時に演技する場面が成功したとき。

---制作過程で苦労したところ---
 セリフの言い回しなどは、何度も何度も検討しました。

---監督からのメッセージ---
 多くの方々との出会いの中で、この作品制作に至りました。


映像CUBEは自主制作映画の制作と公開を中心に活動をしてきました。

約10年にわたる活動の中、障がい者の方の支援をする仕事をに就くメンバーの思いや、
各地での撮影を通じて出会った障がい者の方々、そしてその支援をする方々…。
色々な思いに触れることができ、今回それが1つのドラマ作品となりました。

様々な方々へのインタビュー、様々な方々からのアドバイスで出来上がった脚本、
ありがたいご縁で撮影場所や小道具を提供してくださった施設スタッフのみなさん、
今回の作品の趣旨を理解し熱演してくれた出演者、音楽提供者…。

すべての人に贈りたい、メッセージ性のある作品になればと頑張りました!
==================================================================
この「三重そうぶんシネマスクエア」のために、オリジナルで制作してくださいました。
ぜひご覧くださいね!

★☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆☆☆☆★
自主制作映画プログラム
9月16日(日曜日)9時15分開場 9時45分START

映像CUBEサプリ、僕、わたし。」は6本目に上映します。
11時35分頃からの上映予定です。
DSC08433.JPG



「反省日誌」制作 日生学園第二高等学校放送部の皆さんからのメッセージ

9月16日(日曜日)の午前中は、自主制作映画プログラム
そこで、6本の自主制作映画を上映します。
その中の、日生学園第一高等学校の「一本」と、日生学園第二高等学校「反省日誌」
実は“テレビドラマ”なんです。
今年度行われた第59回NHK杯全国高等学校放送コンテスト三重県大会テレビドラマ部門で、
「一本」は優秀賞、「反省日誌」は最優秀賞を受賞しました。

これらの作品は、いわゆる“映画”ではないかもしれませんが、
私たちは映像に携わる若者たちを応援したく、
高校生の皆さんにもこの映画祭へのご参加をお願いしました。

ぜひ、この自主制作映画上映プログラムにお越しいただき、
三重の次世代の映像文化を担う若者にエールを送ってください!!

その日生学園第二高等学校放送部の高校生の皆さんからメッセージが届きました!
上映は、「反省日誌」という、なんと、ホラー作品なんです。
暑い残暑に、涼しくなれますよ〜☆

==================================================================
■日生学園第二高等学校の高校生の皆さんからメッセージ

---作品の見どころ---
撮影の際には、一眼レフカメラを使って、クリアで美しい映像を撮ることにこだわりました。
ホラー作品の魅力の一つは、次に来る「恐怖の瞬間」がわかっているのに、
でもやっぱり怖い!という点です。
僕たちの作品の中にも、「次に恐いシーンが来る!」という瞬間がたくさんあるのでぜひお楽しみください。

---制作過程で面白かったこと---
作品のストーリーは、関わったスタッフ全員で作り上げました。
それぞれに「恐い」と思う対象やツボが違っていて、アイデアを出し合うことがとても刺激的でした。
しかし、途中から監督は「もうそれ以上恐くしなくていいから…」と半分本気で考えてしまいました。

---制作過程で苦労したこと---
実は、撮影スタッフ・キャストの中で、一番の恐がりが監督と助監督でした。
夜の校舎のシーンを撮影する時には、他の作品とは「また別の緊張」があって苦労しました。
さらに、映像の美しさを追求するため、何度も撮り直しをしなければならず、
できればホラー作品はしばらく撮りたくないと思います…。

---監督からのメッセージ---
3カ月かけて取り組んだ作品です。
ストーリーの構成から、キャスト、撮影のスタッフ、監督の全てを私たち日生学園第二高等学校の放送部員が担当しました。
作品をご覧いただいた一人でも多くの方に、会場で「キャー!」と言ってもらえることを祈っています。

*******************************************************************
〈作品情報〉
自主制作映画プログラム
「反省日誌」

上映日時:9月16日(日曜日)9時15分開場 9時45分START
制作:日生学園第二高等学校放送部の皆さん
入場は無料です。
反省日~1日生第二.jpeg

詳しくはこちらをご覧ください。 


「あそびじゅつ Polestar★Movie」上映会体験!

三重そうぶんシネマスクエア2012では、
今回初めて四日市市にある子どもの本専門店「メリーゴーランド」が主宰する
「あそびじゅつ中高生クラス」による映画制作チーム「Polestar★Movie」の作品を上映します!

私、担当Iがシネマスクエア上映前の6月、メリーゴーランド本店で行われた上映会におじゃましました!
会場では、「Polestar★Movie」に参加している中高生の皆さんが
チケット販売、もぎり、会場案内にと大活躍!
和室でのアットホームな上映に、初めての私もリラックスして映画鑑賞です。

上映会は、「Polestar★Movie」が三重県南部で合宿して撮影した短編と、
今回シネマスクエアでも上映する新作「恋会−レンアイ」の二本立て。
監督・撮影・役者のみんながそれぞれの役割を一生懸命がんばっていて、感動しました…。

シネマスクエアで上映する「恋会−レンアイ」は61分の大作ですが
時間を感じさせない構成と四日市ロケ、完成度の高さに驚きです!
見慣れた町もスクリーンを通すと、また違った魅力を発見したり。

ぜひ9月16日(日曜日)、三重県総合文化センター多目的ホールでの上映にお越しいただき
「Polestar★Movie」の作品を大きいスクリーンで体感してください!
お待ちしています〜!

「恋会−レンアイ」写真

★☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆☆☆☆★
自主制作映画プログラム
9月16日(日曜日)9時45分上映開始! 入場無料

メリーゴーランド(四日市市)あそびじゅつ 中高生クラス制作作品
Polestar★Movie 「恋会−レンアイ」は3本目に上映します。


自主制作映画プログラム

これからの三重の映像文化を担う若者にエールを!
「一本」 「反省日誌」 「恋会-レンアイ-」 「馬鹿は死んでも治らない」「Color Note」 「サプリ、僕、わたし。」

【9月16日(日曜日)】9時15分開場 9時45分START
2012年度の第59回 NHK杯全国高等学校放送コンテスト三重県大会の入場作品を上映します。

第59回 NHK杯全国高等学校放送コンテスト
三重県大会テレビドラマ部門 優秀賞作品
「一本」
制作:日生学園第一高等学校放送部
画像2~1日生第一.jpeg

先輩への尊敬の念と同輩への恋心の間で揺れる複雑な思春期の心情がテーマの番組。

画像3~1日生第一.jpeg
画像1~1日生第一.jpeg

監督(演出、撮影、脚本) 鷲田奨・浅沼希美・関戸崇允(日生学園第一高等学校)/8分

■日生学園第一高等学校放送部
日生学園第一高等学校NBCは、校内放送や大会の番組、行事の運営に至るまで、多方面で活躍している。
日生学園第一高等学校http://www.nissei.ac.jp/daiichi/

★自主制作映画プログラムは入場無料です。



【9月16日(日曜日)】9時15分開場 9時45分START
2012年度の第59回 NHK杯全国高等学校放送コンテスト三重県大会の入場作品を上映します。

第59回 NHK杯全国高等学校放送コンテスト
三重県大会テレビドラマ部門 最優秀賞作品
「反省日誌」
制作:日生学園第ニ高等学校放送部

反省日~1日生第二.jpeg
学園を舞台にしたホラー。脚本作りから役者・収録・編集など、全て放送部の部員が行った。

監督 村上龍太郎(日生学園第二高等学校)/8分

■日生学園第ニ高等学校放送部
放送部は、創部以来6年連続全国大会出場を果たしており、日生学園第二高校を代表する部活動の一つである。
日生学園第ニ高等学校http://www.nissei.ac.jp/dai2/nbs/

★自主制作映画プログラムは入場無料です。



【9月16日(日曜日)】9時15分開場 9時45分START
メリーゴーランド(四日市市)あそびじゅつ 中高生クラス(Polestar★Movie)が制作した作品(Polestar★Movie)を上映します。
10時05分から上映予定。

「恋会-レンアイ-」
制作:Polestar★Movie

IMGP5326.JPG
中学生の恋。すれ違いや誤解、距離を乗り越えて知った、お互いの本当の気持ちを描いた作品。

IMGP4884.JPG

監督 山田芽衣(Polestar★Movie)/61分

■Polestar★Movie
中高生が脚本から撮影、監督、編集までをこなす映画プロダクション。子どもの本専門店メリーゴーランドを拠点に活動している。
DSC06393メリー.jpg
Polestar★Movie http://polestar-movie.blogspot.jp/

★自主制作映画プログラムは入場無料です。



【9月16日(日曜日)】9時15分開場 9時45分START
三重大学映画サークル みえシネマアーカイブ制作の2作品を上映します。
11時15分から上映予定。

「馬鹿は死んでも治らない」
制作:みえシネマアーカイブ

シネカ~1.JPG
彼女から逃げた男、磐田は親友の鹿島に呼び出される。真の友情とは何か。50年の時を越えて今明らかになる。

監督 森下遼大(みえシネマアーカイブ)/9分

「Color Note」
制作:みえシネマアーカイブ

「カッコイイ」ってどういうこと?自分の夢はなに? 少年はとある出会いから、自らの願望と向き合い始める。

監督 雨皿悠佳(みえシネマアーカイブ)/9分

■みえシネマアーカイブ
中高生が脚本から撮影、監督、編集までをこなす映画プロダクション。子どもの本専門店メリーゴーランドを拠点に活動している。
みえシネマアーカイブ http://cinema-mie-u.cocolog-nifty.com/blog/

★自主制作映画プログラムは入場無料です。



【9月16日(日曜日)】9時15分開場 9時45分START
映像CUBE制作の作品を上映します。
11時35分から上映予定。

「サプリ、僕、わたし。」
制作:映像CUBE

DSC08433.JPG
障がい者施設で働く女性が自分の結婚を機に仕事を辞めることを決心するが、多くの人の感情の狭間にいる自分に気付く。

監督 中村智宏(映像CUBE)/45分

■映像CUBE
2003年に設立された市民団体で、各種映像・音楽を自主制作し、公開イベントや各種映像祭出品等を行っている。
映像CUBE http://eizocube.com/

★自主制作映画プログラムは入場無料です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。