東京キンダー・フィルム・フェスティバルに行ってきました!

8月15日(水曜日)から19日(日曜日)まで開催の「東京キンダー・フィルム・フェスティバル」に行ってきました。
行った日は、8月15日のオープニング。
会場は、東京都調布市の調布市グリーンホールでした。

会場に着くと、バルーンアートが飾られたり、ピエロたちがいたりで、
なんだかとっても楽しそうな雰囲気。
kakoP8157101.jpg

席はすでに満席で、子ども連れの親子でいっぱいです。

13時からのオープニングでは、豪華ゲスト登場にびっくり!
チェアパーソンの戸田恵子さんをはじめ、
中山秀征さん、内田恭子さん、ルー大柴さん、佐久間レイさんなど、
有名人が舞台に!!
kakoP8157088.jpg

映画は、「三重そうぶんシネマスクエア2012」でも上映する「こまねこ-はじめのいっぽ-」ほか、計6本が上映されました。
その中の「ジュリアン」という映画がとてもおもしろかったです。
これは少しブラックなお話で、大人が観ても「くくっ」と苦笑いしてしまうお話。

「ジュリアン」は、戸田恵子さん、中山秀征さん、内田恭子さんたちによるの生ライブでの吹き替えでした。
吹き替えを初めて生で観ましたが、これがまた、声優さんたちの息遣いが伝わってきて素晴らしい。

その主演のジュリアンこと、エド・オクセンボールトくんとマシュー・ムーア監督もゲストで登場!
kakoP8157097.jpg
エドくんは、礼儀正しいしっかりした子どもという印象でした。
世界では、こんな子どもたちが活躍してるんですね。

その後の長編92分の「ビッケと神々の秘宝」も生の吹き替えでした。
15名程の声優さんたちが、マイクの前を入れ代り立ち代りで台詞を言います。
こちらの映画の主演ヨナス・ヘンメルレくんと、クリスティアン・ディッター監督もドイツからゲストで登場!
本当にすごいイベントです・・・。

このイベントは内容が素晴らしいため、多くの芸能人も賛同・支援しているのだそう。
映画も海外から直接持ってきているので、滅多に観られない映画ばかりです。

そんなキンダー・フィルムが三重県にもやってきます!
この東京キンダー・フィルム・フェスティバルで、ロングランで上映している映画「テディとアニー」ほか、
「こまねこ-はじめのいっぽ-」「どんぐりさんの冒険」計3本の映画上映です。

テディとアニー」は生ライブでの吹き替え上映です♪
子どもたちに、絶対観てほしいと思っています。
もちろん大人が観ても十分楽しめますよ。

チケット1枚で、大人1人と小学生以下の子ども1名がご入場いただけます。
ぜひお越しくださいね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。