歓待

【9月15日(土曜日)】17時30分開場 18時START
映画「歓待」の上映と平田オリザさんのシネマトークを行います。

世界が爆笑!世界が大絶賛!!90ヶ所以上の映画祭からオファー殺到!!!
踊れ!世界家族!

第23回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門で、並み居る秀作を抑え、卓越したオリジナリティと抜群のユーモアセンスが評価され、作品賞を受賞した話題作。
main.jpg

下町の印刷所で、一見「平和」な生活を営む小林家の元にフラリと現われた胡散臭い訪問者・加川。のらりくらりと家族を煙に巻き、居座り、引っ掻き回していく。加川の横暴に戸惑いながらも、変化を余儀なくされていく小林家。そしてついにとんでもない事件が!

次第に崩壊していく、つぎはぎだらけの家族模様を、洗練されたユーモアで包みながら、時にシリアスに問題提起をし、時に爆笑を誘う。共同体と排除の問題を抱える現代日本を鋭く風刺しながら、家族とは何かを問いかけた、普遍的でいながら斬新な作品がついに完成した。

世界の映画祭が注目する新進気鋭の深田晃司監督と、プロデューサーも兼ねる弱冠26歳の国際派女優杉野希妃、そして平田オリザ率いる青年団の演技派俳優たちによる、映画にしか成しえないテツガク喜劇。閉塞感を打破し世界を大きく掴むべく、怒濤の”グローカル”映画が2011年春に到来!

あなたはこれを「歓待」すべし!

sub2.JPG

【あらすじ】
東京下町の一角に今日も響く輪転機の音。若い妻(夏希)と前妻の娘(エリコ)、出戻りの妹(清子)と暮らしながら印刷屋を営む小林幹夫。最近の事件と言えば娘の買っているインコが逃げ出したことぐらいの「平和」な一家に、突然訪れた流れ者・加川花太郎。髭モジャ、慇懃無礼な加川は、のらりくらりと小林家の内部に入り込み、かりそめの平和をかき乱していく。次から次へと訪れる来訪者に翻弄される小林夫妻の明日はどっちだ!

sub1.JPG

監督・脚本・編集 深田晃司/芸術監督 平田オリザ/出演 山内健司・杉野希妃・古舘寛治/2010年/96分

(C)2010「歓待」製作委員会

「歓待」公式サイトhttp://kantai-hospitalite.com/

〈関連プログラム〉
■シネマトーク 平田オリザさん

oriza.jpg
撮影:青木司

平田オリザさんプロフィール
1962年東京生まれ。劇作家・演出家・こまばアゴラ劇場芸術監督・劇団「青年団」主宰。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授。四国学院大学客員教授・学長特別補佐。1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞受賞。2006年モンブラン国際文化賞受賞。2011年フランス国文化省よりレジオンドヌール勲章シュヴァリエ受勲。その戯曲はフランスを中心に世界各国語に翻訳・出版されている。2002年度以降中学校の国語教科書で、2011年以降は小学校の国語教科書にも平田のワークショップの方法論に基づいた教材が採用され、多くの子どもたちが教室で演劇を創作する体験を行っている。

平田オリザさんのシネマトークは「歓待」上映後に行います。
お楽しみに!


★チケット情報はこちらをご覧ください。


【歓待の最新記事】
| 歓待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。