「歓待」感想コメント集です!

三重そうぶんシネマスクエア2012、9月15日(土曜日)の初日ラストを飾る作品「歓待」は、第23回東京国際映画祭日本映画・ある視点部門作品賞受賞、第15回プチョン国際ファンタスティック映画祭(韓国)最優秀アジア映画賞受賞をはじめ数々の受賞歴を持つ秀作で、世界各地の映画祭で上映されています。今日は世界各国から寄せられた「歓待」への感想コメントをいくつかご紹介します。

●「面白く、意義深い、良質な映画。役者も皆良かった。こういう映画こそ、沢山の方に見ていただきたい。推薦します!」
キム・ギドク(映画監督『サマリア』『絶対の愛』)

●「深田晃司監督の「歓待」は、風刺映画の伝統に立脚しながら、常に観客の予想の一歩先を進み続ける。隙の無い空間感覚と簡潔で無駄のない演出によって、「歓待」は、一見するとどうにも見覚えがあるように思われる事柄の中に、奇妙さと悪意とを見出していく。その結果生まれたのが、この、兇暴で、可笑しくて、観る者を落ち着かなくさせる作品なのである。」
Chris Fujiwara
クリス・フジワラ(映画評論家)

●「「歓待」は高純度のダイヤモンドである。ダイヤモンドの中を通り抜ける光が屈折によって思わぬ方向へと向きを変えるように、この映画では様々な嘘が思わぬ方向へと展開する。そうして人間の在り方に思わぬ光が当たる。深田晃司は、エリック・ロメールの良さを見事に受け継ぎながらも、素晴らしい「日本の映画」を提示する。ありふれたエピソードの深層へと入り込み、何層にも重なった秘密や謎、闇と曖昧さとに満ちた世界を露わにしていく。一見すると「他人と違っていること」に対する惧れについての皮肉っぽい物語のように見えるが、その背後には複雑な世界が拡がっている。そこには、不思議なプロットや演出の妙や、驚くほど素晴らしい俳優達の演技が詰まっている。深田晃司の空間、画面構成と知覚の曖昧さに対するセンスは極めてシャープかつ繊細である。そのセンスによって、この作品は真に映画的な小さな奇跡、観客にとっては語りの中に真実を見い出す契機(ナラティブ・エピファニー)たり得ているのだ。
Aude Hesbert
オード・エスベール(パリ国際映画祭ディレクター)

その他にもいろいろなコメントが寄せられています。詳しくはこちらから → http://kantai-hospitalite.com/comment/
さあ、あなたも是非「歓待」の世界観を体感ください!

| 歓待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。