わたしは映写機

映写機.JPG
感動を生む装置
35mm映写機の顔
これは画面サイズを
スタンダード(4:3)
ビスタビジョン(16:9)
シネマスコープ(12:5)
へ切り換えるターレットです。
(ボトムズではない)
最近はメディアがフィルムからDVDやブルーレイへと移り変りつつあるので、ひょっとしたら近い将来フィルム装填の技術や、上映中に数本のフィルムをスムーズに切り換える技術も失われてしまうかも知れません。
シネマスクエアではもちろん毎回活躍しています。
フィルム画面の質感が好きという方もけっこういらっしゃいます。今回は「阪急電車」の上映時に稼動します。
| 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。